実際どうなの!? 海外の格安クラウドサーバ「スケールウェイ」を借りてみた。

皆さんはVPS・レンタルサーバー・専用サーバーなど、どれか一つでもサーバーを借りたことは有りますか?

今回私は、何かと不安な海外のクラウドサーバーを借りてみました。
その名も、scaleway(スケールウェイ)。
今回は折角借りたことだし、その評価をしてみたいと思う。

まず、このサーバの使用用途。それは言うまでもなくマインクラフトサーバーのためだ。マインクラフトサーバーとなると、CPUの専用やHDDの容量よりも、メモリーの容量が優先される。確実にメモリーが多いほうが、サーバーの動作も軽くなる。もちろん他もある程度のスペックは必要だが。

本来はさくらのVPSだったりConohaだったりと、日本で展開されているサービスを使う人の方が多いだろう。
もちろん日本のサーバーのほうがサポートも日本語で質問できるし、安全だろう。
しかし日本のサーバーは何かと料金が高い。

そこで私が目を向けたのは “海外” だ。
海外なら少なくとも日本のサーバーよりは確実に料金が安いわりのスペックは高いだろう、と。
その結果、出会ったのは スケールウェイだったのだ。

a2d5dbe4847a3cfe5bfc95176cfe0d25スケールウェイのサイトはこのようになっている。
そう、クラウドサーバーの完全SSDな点が私を魅了させた。
そしてレンタルする確信に至ったのは、やはり値段。
今回はマインクラフトサーバー目的だったので、なるべくメモリーは増やしたいところ。
とりあえず2GB を借りることにした。

eb02a61dba7d3944beb1c781a0c03fee英語が読めない方のためにご説明しますと、詳細のスペックは以下のとおり。

4個の専用ARMコア
2GBメモリー
50GB SSD領域
1つのIPv4アドレス
200Mbit/sのインターネット帯域幅
1Gbit/sの内部帯域幅

詳細はこんな感じ。結構いい感じでしょう。

と、今回はここまで。
次は内部まで詳しく紹介していきます。

The following two tabs change content below.
今年でマイクラ歴4年目なゆじまるです。 読者の皆さんの見やすいページ作り、ブログ作りを念頭に置いて作っていきたいと思います。 更新頻度はまちまちですが、どうぞ宜しくお願い致します。

コメントしませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です